• L
    O
    A
    D
    b i

    • LOADING
    • _
    • /
    • _

    BLOGGING

    2012.12.22

    Koch musiciansの初ライブ!終了!

    Kochでライブをやろう、という話になったのは、たしか10月。

    いままでKoch musiciansの音楽は、アフリカ以外の地域で販売されてきました。私たちAMP MUSICのキャッチフレーズも、”From Africa, To the World”であり、” To  Africa”ではなかったのは、アフリカで音楽を売って利益を得るのがまだ難しいからです。

    ひとつはCDの海賊版の横行があります。正規で販売するCDショップももちろんありますが、単価と販売量の掛け算をしたときに、CDで黒字を出せるのはビッグアーティストのみとなるでしょう。

    ライブは、アフリカのミュージシャンにとっても大きな収益源ですが、Kochのミュージシャンが入場料をとってライブを行うのは、まだハードルが高い。ライブでさえ、利益をだす算段はまだつかない(このあたりはおいおい書いていければと思っています)。

    携帯電話を通じた音源販売や着うた販売は始まっていますが、iTunesはまだアフリカに上陸していなかった。

    でも、ミュージシャンたちは、ケニアでも音楽を売りたいという。

    その気持ちはよく分かる。彼らは、ファンをこの目でみたいのだ。そしてミュージシャンの成長という意味でも、ファン、つまりマーケットがすぐそばにあり試行錯誤ができることは、必要だと思う。

    そうして、できるだけ予算をかけず、ライブを実現させる方法をいっしょに検討しはじめた。このブログを書いたときは、ライブのことを話し合っていたのだ。

    いままでにないほど真剣
    http://amp-music.net/blog/?p=1893

    そうやって迎えたライブ。会場はKochのなかの教会です。ミュージシャンが交渉し、無料で借りることができました。

    最初は観客は子どものみでしたが。。。

    最終的には、200人くらいの観客が集まりました。(さらに子どもが同じ数くらい)

    衣装を揃えて準備中。

    ミュージシャンたちの、観客を引き込む力には驚きました。正直に言って、誰の曲も、CDで聴くよりずっと良かったです。

    Heavens登場の際には、カメラ小僧たちが舞台へ接近。

    最後は予告どおり、AMANIで閉めました。
    (AMANIについてはこちら、「ケニアの大統領選とニューアルバムの1曲、AMANI(Peace song)。そして今年最後のご挨拶」

    今回、初めてアフリカ、それもKochスラム内でライブをやってみて、イベント運営としても、レーベルとしても、気づきがたくさんありました。今後も、ケニアでの音楽事業が利益を出せる方法を検討していきます。

    これにて、今回のケニアでの任務は終了です。さて、そろそろ日本へと向かいます。