• L
    O
    A
    D
    b i

    • LOADING
    • _
    • /
    • _

    BLOGGING

    2011.08.07

    AMP MUSICができるまで(番外編):ロゴのでき方/バナーをシェアします

    ロゴを作る作業というのは楽しい。

    しかしまず、レーベル名を決めるのに、けっこう難航した。Ryukutiが「スワヒリ語にしたい」というのであれこれアイディア出しをしたが、ぴたっと決まらない。ブランドのメッセージを表し、かっこよく、映像が浮かぶ覚えやすい言葉にしたかった。Kiva(スワヒリ語で絆・agreement)やSafari(explorer)のようならいいけれど、スワヒリは2文字以上になると、けっこう覚えにくいのだ。

    “AMP MUSIC”はディスカッションの中でひょいとでてきた。聞いた時、すぐにスピーカーのマークが浮かんだ。私たちの役割は、夢と才能を、世界に拡散させることなのだ。ぴったりじゃないか!

    そしてRyukutiがAMPはAfrican Music Powerの頭文字だと言い出した。これで私の中ではAMP MUSIC以外のレーベル名はなくなった。

    スピーカーのマーク、という基本路線があればあとは早い。たいたんがデザインをつくった。from Africa, to the worldというキャッチをつける。

    文字のフォントはなかなか決まらなかった。HipHopなんだからかっこよくいきたいと思うと同時に、Kochの人々の、POPで温かい雰囲気を表現したかった。悪ぶっても人の良さがにじみ出るような。

    ようやく出来上がりかと思いきや、Ryukutiが「どうしてもアフリカ大陸の絵を入れたい」と言い出す。私はアフリカ関係のwebサイト、twitter、facebookなどをたくさんチェックしているけれど、揃いも揃ってなぜかみんなロゴが「アフリカ大陸」なのだ。また~と思ったが、入れてみるとけっこうぴったりきた。アフリカ大陸マークには、アフリカの人々の思いとプライドが込められているのだろう。

    ※このロゴを使ったバナーを急ぎ作る予定です。できたらサイト上にアップしますので、みなさんのブログ等にもどうぞお好きに貼ってください。